« ダッフィーのフォトコンテスト没写真集2008冬 | Inicio | 大道芸ワールドカップin静岡見聞録2 »

viernes 14 de noviembre de 2008

大道芸ワールドカップin静岡見聞録1

今年は、大道芸ワールドカップin静岡に2泊3日で見物に。

まずは、11月1日。


東京発静岡着のひかり号って、本数が少ないんですな。静岡を通過するひかり号やのぞみ号のほうが多い。かと言って、こだま号に乗ると、けっこう時間がかかる。(こだまだと「ぷらっとこだまエコノミープラン」が使えて、通常料金並みの価格で、グリーン車に乗れたりします。通常席なら1600円お得。チケット屋でひかり号のチケット買うより安い。)

静岡到着。のぞみの追い抜きやるので停車時間が長いです。2007年以来、1年ぶりの静岡は、工事中だった駅前も完成し、すっかり様変わり。

荷物をコインロッカーにでも…と思いましたが、駿府城方面には見当たらず。(後日、反対側にあるのが解った)荷物を持ったまま、とりあえず移動。


最初は、桔梗ブラザーズ

兄弟ジャグラーで、クラブのパッシングにおいては、国内敵無し、世界でも銀賞獲得。個人部門でも兄が上位に食い込んでいる。

場所は、静岡PARCO前…というか、KFC前。

ワイコンは持ってこなかったので、2人を画面に納められるように角っこに位置取り。

少ない個数でポロっと落とすこともあるが、やっぱり巧いわなぁ。

最後は、静岡名物(?)11本クラブパッシング。

…一発で成功させよった。


新静岡駅にコインロッカーでもないかと思ったが…数が少なく案の定、全部埋まっている。荷物担いだまま、駿府城(駿府公園)へ。

うろちょろしつつ、屋台で軽食。考えてみれば朝から食って無いんだよなぁ。

屋台は、いろいろ出てますが、どうも似たような系列の店があちこちに出ているようで、今ひとつ面白みにかける。ドネルケバブも出てるが、牛と鶏だけで羊が無いのが、納得が行かん。

目的とするのは、ちゅうサン。2007年のディズニーシー・ア・ラ・カルト期間中にも出演してた方です。今回は、負傷で来日できなくなったエレイン・クレイマーの代打として急遽静岡参戦。

ステージに登る前から、あのチャップリン風な動きが健在。


続いて、同じステージで開催されるレナ・コーン(Lena Köhn,ドイツ)

ご本人のWebサイトがdiabolo queen(ディアボロの女王)というあたりが、自信の表れか。

ディアボロというとスピーディで硬質な感じがありますが、彼女のディアボロ、何というか…軟らかいんですな。座ってトスしたり、曲調がインドや中東風だったりするのもあるのかも。


チェックインの時間まで、すこしあったので、静岡の街をうろちょろ。

キリンが街中を徘徊してました。

これも立派な大道芸でテアトロ・パバナ(Teatro Pavana)です。

う~む。アドベンチャーランドとかロストリバーデルタに欲しい逸材であるな。


ホテルにチェックインして、荷物を置く。持ち歩くのは、財布とビデオ(HDR SR8)と予備バッテリー1個。最高画質でも10時間以上、撮り溜めできるHDDモデルのビデオが、やはりこういう時には強いです。HDD以外のメディアですと残り記録時間を気にしたり、交換用記録メディアを持ち歩く必要がありますが、それが不要なのは荷物が減って良い。

再び、駿府公園へ。

目的は、タイフーン。時間まで少し余裕があったので、焼き鳥、焼き烏賊、黒生ビール。1時間前で最前に座れるあたり、場所取りがぬるいなぁ…と感じるのは、舞浜に毒された感性でしょうか?

タイフーンは、クラウンのTOKYO MADがスーバージャグラーのMr.Danと組んだコンビです。

なに? それでもよく判らない?

  1. 二人が知り合ったのは、東京ディズニーシーのとあるイベントです。
  2. 二人が知り合ったのは、秋ではありません。
  3. Mr.Danの得意技は、バドミントン・ラケットのジャグリングです。

…それじゃ、そろそろ動画、行ってみましょか。


発表されている出演スケジュールが終わっても、ナイト・パフォーマンスというのがあります。

これは、日が沈んでから、パフォーマーの自己申請で各ポイント3組ほど出演が決まるのだとか。どこに誰が出るかは、当日に発行されるコピー紙の「夕刊」をチェックしないといけません。

ふらふらして、たどり着いたのは、朝と同じ静岡PARCO前。

ここの一発目は、カナール・ペキノワ(Canard Pekinois)、フランス語で「北京ダック」の名前を持つ、怪しい日本人2人組。ヘブンアーティスト。

何か歩き方が、アニメ「カウボーイ・ビバップ」のエドちんみたい…

芸の本編に入ると、どこをぶった切ったら良いか、よく解らんの、準備中の動画を。

これだけでも、充分に面白い動きです。KFCは大変だよなぁ…聞くところによると、シルヴプレとかも店内に入って行くらしいし。


ナイト、2発目。は、アコる・デ・ノンノン

こちらも、カナール・ペキノワに負けぬかのように…カーネルおじさん、荷物持ちに…


意識が飛び始めたこともあって、ナイト、3発目は見ずに、撤収。夕食は、CoCo壱番屋でカレー。

ホテルに戻って、翌日の出演スケジュールをチェック、公演場所の移動も考慮してダイヤグラムみたいな線も引いて検討。まぁ、予定の時間通りに公演があるとは限らんけどね(笑)

« ダッフィーのフォトコンテスト没写真集2008冬 | Inicio | 大道芸ワールドカップin静岡見聞録2 »

Busking」カテゴリの記事

Comentarios

Publicar un comentario

(Mostrado sin comentario).

TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120201/43115270

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 大道芸ワールドカップin静岡見聞録1:

« ダッフィーのフォトコンテスト没写真集2008冬 | Inicio | 大道芸ワールドカップin静岡見聞録2 »

無料ブログはココログ