« 29 de enero de 2006 - 4 de febrero de 2006 | Inicio | 12 de febrero de 2006 - 18 de febrero de 2006 »

jueves 9 de febrero de 2006

アトモスはストモス?

英文のDisneyParkファンサイトを読む機会がありました。そこで、見慣れない単語が。

Streetmosphere

文脈からすると、デザートウィンドプレイヤーズ,スタテンアイランド・ラグタイムバンド,ジャンプロープキッズ,…などなど。これらのライブエンターテインメントを指して、Streetmosphereと呼んでいるようです。

どこから出てきた造語なのか不明ですが、Street + atmosphereなんでしょうね。発音も、そのまま「ストリートモスフィア」なようです。

MGMやEpcotのアトモスショー,ディズニーパークとは関係ない(と思われる)ストリートパフォーマンスもstreetmosphereと呼ばれているみたいです。

これまで、「アトモスフィア」略して「アトモス」と呼んでいたショースケジュールの公表されていないライヴ・エンターテイメントは、「ストリートモスフィア」略して「ストモス」と呼ぶのがcoolなんでないかと…

streetmosphereをgoogleで検索してみる

miércoles 8 de febrero de 2006

レイジング・スピリッツはラマだったかもしれない

Storytellers Cafe:レイジング“ラマ”スピリッツ

ロスト・リバー・デルタにコースター系アトラクションを、という企画の段階で、ディズニーのイマジニアが提案してきたのは「ラマになった王様」のストーリーをベースにしたアトラクションだったとか。(ソース忘れたけど、たぶんJim Hillあたり。)南米の古代文明をテーマにしたエリアに「ラマ」を、っていうのはディズニー的には当然の発想だし、実現したらエキサイティングかつ革命的な出来事になっていたことは間違いないのだが、惜しいことに日本のパークを運営しているのはディズニーではないので、残念ながらというか案の定というか、「ラマ」ベース案は、アトラクション外観に「ラマ」のビジュアルイメージを採り入れるだけ、というところまで薄められたのだった…。

あ?!

あぁっ!!

「ラマになった王様」の劇場公開は2000年末ですから、レイジング・スピリッツに「ラマ」というのは、非常に的確であると思います。360度コースターというのも、「ラマ」のストーリーに取り入れても不自然じゃない。「ラマ」の劇中にはレストランも登場してます。(ゲテモノ料理ですが(^^;

惜しいっ。実に惜しいなぁ。

もし、レイジング・スピリッツが「ラマ」であったのならば、日本語主題歌を歌うムーチョ・ヒデキこと西城秀樹に、主人公クスコの吹き替えの藤原竜也を呼んでのオープニングセレモニーなどが可能であったでしょう。こっちのほうが、マスコミの食い付きも良さそうだ。

レイジング・スピリッツのマスコットキャラは、グーフィー,マックス親子にスティッチです。言うては何ですが、既に固定ファンがいて、且つ、360度コースターにも中南米にもロストリバーデルタとも縁が薄いキャラです。日本では知名度が低い「ラマ」を大々的に売り出して、新規キャラクター市場を獲得するチャンスだったのではないでしょうか?

本当に惜しい。

« 29 de enero de 2006 - 4 de febrero de 2006 | Inicio | 12 de febrero de 2006 - 18 de febrero de 2006 »

無料ブログはココログ