« 22 de enero de 2006 - 28 de enero de 2006 | Inicio | 5 de febrero de 2006 - 11 de febrero de 2006 »

jueves 2 de febrero de 2006

カウントダウン:ポーターズの動画

cd_porters.wmv (33287.1K) スウィングハーバーカウントダウンでのドックサイドポーターズの動画です。
  1. I'M SITTING ON TOP OF THE WORLD
  2. ミッキーマウスマーチ~ディズニーメドレー(ビビデバビデブー,小さな世界,スーパーカリフラジスティックエクスピアリドーシャス)
  3. BLUE SKY
  4. アンコール強要(笑)
  5. ウィリアムテル序曲

lunes 30 de enero de 2006

BAYSIDE BEAT:総評

ベイサイドビートは最終日に行けなかったのが、やはり致命的に痛いんですが。総評なんかしてみましょう。

個人的には、「ユカタン・ベースキャンプグリルでのラテン・ライヴ万々歳」で終わり。こういうキャラクター人気に依存しないパークの楽しみ方を押し出していったほうが商業的にも良いのではないかと思ってます。この辺りを突き詰めると、「キャラクターファン批判」とでもいうべき方向にたどり着きます。かなりトゲトゲしいので封印中。

さて。改めまして…

チーズのディズニッ記:ベイサイドビートはどうだったのか?

気になる点。

○情報量が少ない。

○盛り上がりにくい。(盛り上がり方がわからない人にも配慮してー( p_q)エーン)

○ダッシュ・・・どうにかならんかなぁー。

○狙いどころがいまいちわかりにくかったー。(キャラ好きの人がターゲット?それともクラブが好きな人がターゲット??両方??)

え~……言いたいことは全面的に上記でチーズさんに言われてしまっている気もします…(^_^;

が、長い蛇さんの足を付け加えます。


情報量が少ない

基本的に特別営業って情報量が少ないような気がしないでもない。2003-02-14 TDL ヴァレンタインナイト,2004-02-12 TDS スペシャルファンパーティ2004(リンク先は、KoZの参加レポートページ),マジックキングダムクラブやJCBファンパーティーに果ては浦安市成人式(!)からカウントダウンまで。

本気になって掻き集めれば、噂レベルも含めていろいろ情報があるのかもしれません。しかし、基本的には特別営業で何やるかってのは、そんなに事前公開していないように思います。

それに、冒険とイマジネーションの海に、事前情報は似合わないような気もしてます。ですので、これについては、保留。

盛り上がりにくい

盛り上がりにくかった原因に、次の2点が考えられます。

普段、CLUBとは縁が薄いので、やり方が判らない。

リズム・オブ・ワールドで、パーク常連がビシっと踊るのを見て、初めての人が引くのと、ちょうど逆ですね。

また、DJ側にも、客層の読み違えによる選曲ミスなどがあったかと思います。Disney映画の曲やパークミュージックを多めに…ですかね。ただ、これも行き過ぎると「YMCAは何か違うだろ」との意見も出てくるのですが(^^;

踊れる環境になかった。

前項とは逆位置からの問題点です。

人が多すぎ,ベンチ,撮影目的でお地蔵様な人など。

ダッシュ・・・どうにかならんかなぁー

……(^_^;;

どうにかなってほしいですが、ベイサイドビートに限った話ではないので、保留。

狙いどころがいまいちわかりにくかったー

これが問題の根源だと思います。

ターゲットとなる客層の読み違えまたはターゲットとなる客層の絞り込み不足でしょう。

狙いどころが曖昧になった戦犯を探すとすれば、それは2つ。

最大の戦犯は、公式告知に使われたSuper Dancin' Maniaの写真。

何も言われてないのに、Super Dancin' Maniaみたいなイベントに違いないと勝手に盛り上がって、自滅した人を多数みかけます。で、そういう人たちが酷評しているわけですが。

東京ディズニーリゾートの魅力に、キャラクターの魅力以外を見いだせない…とは言い過ぎでしょうか?

そういう人たちです。

ただ、こういう人たちは、DJプレイ中におしゃべりしたり、ご飯を食べてたり、不動の姿勢だったり…CLUBイベントとして楽しみに来た人たちから疎まれていたことは、自覚しておくべきでしょう。

もう1つは、「リズム・オブ・ワールド」です。

意外ですか?

確かに、多くの感想blogで「リズム・オブ・ワールド」は好評です。「ベイサイドビート」の感想を探しても、その9割がたは「リズム・オブ・ワールド」の話題です。

それはもう、メインであるDJプレイによるCLUBイベントというものが霞むくらい。

こういう具合にメインが喰われてしまった時点で、「リズム・オブ・ワールド」を持ってきたのは失敗と言ってよいでしょう。

また、「リズム・オブ・ワールド」の開催は、もう1つの弊害も産んでいます。そう。ベンチ席の提供というヤツです。ベンチ席の提供が、踊れる環境になかったという問題点の原因の1つになってます。

例えば、こんな批判意見もあります。

ねずみの王国:ベイサイドビート 1月27日

私がイベント告知を見て最初にイメージしたのは、アメフロあたりでずっと音楽がんがん鳴らして、踊りたい人はフロアに入って自由に踊ればいいし、音楽聴きたい人は会場近くでのんびり音楽聴けばいいし、もっと自由な感じのイベントなのかな?なんて思ってたんですよ。

音楽聴きたくなったら会場に行けばいいし、遊びたい人はアトラクションに乗ればいいし、いろんな選択肢があると思っていたんです。

ミセス・グーフィーがイメージされていた、このやり方こそがCLUBイベントとしては、正解だったんのではないでしょうか。少なくとも、ウォーターフロントパークでステージ近くのベンチ席は撤去しておくべきだったと思います。ただ、こうなると「キャラクターを見たい」という主流派からの不満が大爆発しそう(^^;

ゲスト自身が踊るのか、ゲストは観衆としてキャラが踊るのか。そして、ゲスト自身もどちらを目的としているのか。

どちらにもウケるよう日和見したために、結果として、どちらにも不満を与えてしまったように思います。

「That's Disneytaiment」のAfter Dark,「ドラマティック・ディズニーシー2004」のAutumn Night Special Live,Cape Cod Jamboree Nightと…夜ばかりだな(^^;キャラクターをまったく登場させないイベントを行ってきたのですから、ベイサイドビートも、それに倣ってキャラクター無しのイベントでも良かったのではないでしょうか?


最後に。最終日の2006年1月27日アラビアンコースト特設ステージを担当されたDJ刃頭 氏がご自分のblogで感想を書いておられましたので、下記にリンク。

刃頭が、たまに、ブログったり、ブログらなかったり。:Tokyo Disney Sea「BAY SIDE BEAT」

« 22 de enero de 2006 - 28 de enero de 2006 | Inicio | 5 de febrero de 2006 - 11 de febrero de 2006 »

無料ブログはココログ