« abril de 2006 | Inicio | junio de 2006 »

lunes 15 de mayo de 2006

ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルの想ひ出

ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルを最初に見たのはいつだっけか?

グランドオープンした2001年9月11日から2泊で行っているので、その時だと思う。ただし、11日は颱風直撃のため、たぶん12日。

当時はISDNで64kbps接続だった事もあり、ネットもあまり見ておらず、@NIFTYの遊園地・テーマパーク系フォーラムであるFPARKフォーラムも未入会。「ディズニーファン」誌もよく知らず。ほぼ唯一の情報源が講談社の「東京一週間」誌。こういう人は案外多かったようで、グランドオープンからしばらく-ガイド本が市販されるようになるまで-雑誌の切り抜きや別冊付録らしきものを持ち歩いている人も多かった。

ウォーターカーニバルの紹介記事もあり、船の停止位置が書かれていた。ところが、各地点に2人ずつキャラクター名が書かれていたのだ。どこに誰が来るのか、さっぱり判らず、ガリオン船の船尾が見えるポンテヴェッキオから見たんだっけかな。

紹介されていたキャラクター
上陸地点当時の紹介キャラ
ドナルドチップ&デール,ドナルド
チップ&デールグーフィー,チップ&デール
グーフィーミニー,グーフィー
ミニープルート,ミニー
プルートドナルド,プルート

この1年めのバージョンでは、最初にキャラクターの船が登場し、各上陸地点へ停まるのは2人いるキャラの左側。つまり、プルート上陸地点のところにドナルド船が停まる。

それから船の飾り付け(…とは言うものの、やってる事は帆を張るくらいか?)が終わり、各船はハーバーをグルグル廻り始める。そして改めて、それぞれの上陸地点へ停泊。キャラクターの上陸となる。

終了時には、船上のダンサーと陸上のダンサーが同人数入れ代わり、残ったストーリーテラーや陸上ダンサー,キャラクター,船上ダンサーは、歩いて帰って行った。販売されているポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルのCDは、このバージョンだと思う。


1年後、2002年9月になると、最後にキャラクターが歩いて帰るシーンは無し。キャラクターは船に乗ったまま帰っていった。一部の台詞もカットされ短縮されていたようだ。

1周年の時期のウォーターカーニバルは、ミッキー船に1st.Anniversaryの飾り付けがあったりする。

ミッキー船に1st.Anniversaryの飾り付け

2002年11月くらいにポンテ・ヴェッキオとミステリアスアイランドの一部に工事が始まり、同年12月下旬に1段高くなった観賞エリアが出来上がった。


2003年10月に、大規模変更が行われる。

5分前のストーリーテラーによる前説追加、ゲスト参加の手拍子合戦、歌詞の日本語化、ダニエラ姫がミッキーの船に乗って帰路に着くなど。

2004年7月17日から、ルネッサンス号船尾で手話パフォーマーが登場。常設ではなかったようだ。これも話を聞きつけて、見に行ったものです。

まぁ、以降の大きな変化は無し。途中でストーリーテラーの竿登りが復活したり、また消えたりしたみたいだけれども。


振り返ってみると、ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルは期間の割りにバージョン変更が多かったですね。セイル・アウェイやボートビルダーは、ほとんど変わってないみたいなのに。

アンコール!は、短くなっているのかな?

やっぱり、あんまり観てないなぁ。

期間限定のイベントだと(エテールノも含む)2時間でも3時間でも待っている事はよくあるのですがね。ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルの場合だと「おぉ、やってるやってる」と横目に見ながら歩いていたり、「この時間ならレストランが空いている」と遅めの昼食にしてたり。甚だしいときは「この時間帯にしかやってないから」とロストリバーデルタへ出向いて船に乗って演奏するミュージシャンズ・オブ・デルタを観てたり。

船に乗って演奏するミュージシャンズ・オブ・デルタ

レギュラーショーは、いつでも見れる安心感があるためか、そんなに気合を入れていないなぁ。

アトモスもそうだけど、普段は気づかないけど、パラダイスは身近にある。と、言うことなんでしょうなぁ。

終了する他のレギュラーショーやミスティックリズムもずいぶん観てないな…

ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルをネタにした、ややブラック系なジョーク

読んでも怒らない、後悔しないという方は、→



			

miércoles 10 de mayo de 2006

パスポート代金改定に思うこと

「ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバルを振り返る」なんて記事を考えてたら、東京ディズニーランド,東京ディズニーシーのパスポート代金改定というニュースが出てきて大騒ぎ。TDRブログ界ではエテールノの余韻も何も吹っ飛んでますな。

パスポート代金改定は9月1日より実施ですが、施設増設のためと滞在型への牽引を名目にOLCは掲げてます。

滞在型ということでしたら、2デーパスポートは料金据え置きでも良かったように思いますね。

また、マーケティング戦略から見た場合でも、今回の改定は下策でしょうね。1デー,2デーの値上げは、たとえ金額が小さくとも、その心理的な障壁は大きなものとなります。煙草やビールだって同様ですよね。3デー,4デーが値下がりしたと言っても、+1泊の宿泊代金には程遠い。短期的には入場者数の減少は避けられないでしょう。

純粋に利益を求めるのならば、パスポート代金を100円~500円くらい値下げし心理的障壁を下げると共に、パーク内の飲食物,物品の値段を50円~100円ずつ値上げします。単純に値上げだとマズいので、ポップコーンやペットボトルドリンクなど定番品は値段据え置き。レストランメニューなどは順次終了して値上げした新メニューを展開。グッズも同様に販売終了→新商品展開。新メニュー,新商品は単純に売価を上げるのではなく、原価を下げて、利益率を高くしても可(というか、そのほうがベター)

下げたチケット代金くらいは、物販ですぐに取り戻せます。しかも、チケット売上よりも物販売上のほうがディズニー社に支払うロイヤリティも低く済むのもポイントです。

しかし、パスポート代金の値下げは、両刃の剣でもあります。パスポート代金は、さまざまなサービスの対価でもあるからです。キャストしかり、閉園後のメンテナンスや造園のコストしかり。

OLCが正当なサービスを提供しているという自負があるのならば、正当な対価をきちんと要求するべきで、卑下したり安売りする必要はありません。(この辺り、コミック「コンシェルジュ」藤栄 道彦 画/いしぜき ひでゆき の請け売り)

んで、KoZにとって今回の共通年間パスポートの値上げが、サービスの対価として妥当かどうか?

なかなか微妙なところです。少なくとも現時点では。

TDR三昧:アトモスフィアショーに年間1パーク3,000円!払っちゃうよ?にコメントしたように、+6000円でも、今まで以上のアトモスフィア・エンターテイメントを見せて/魅せてくれるのなら、充分に安いものです。

終わるレギュラーショーに代わる新たなショーがどのようなものになるのか。終わってしまった、あるいは近日中に終了するアトモスフィア・エンターテイメントに代わる新たなアトモスフィア・エンターテイメントは出てくるのか。

その辺りを見極めてからでないと、何とも言えません。

martes 9 de mayo de 2006

アフターダーク時のスタテンアイランド・ラグタイムバンド

アフターダーク時のスタテンアイランド・ラグタイムバンドstarlight_staten.wmv(20139.1K)

ザッツディズニーテイメント・アフターダーク時、スターライトジャズの幕間にステージに登場したスタテンアイランドラグタイム・バンドです。

普段の消防団服とはうって変わった黒スーツに黒蝶ネクタイ。女性ボーカルは普段は洗濯板を叩いていらっしゃる方です。楽器構成もクラリネット、ウッドベース、ギター

曲も「サヴォイでストンプ (Stompin' At The Savoy)」「サマータイム (Summertime)」「浮気は止めた (Ain't Misbehavin')」「薔薇色の人生 (La Vie en Rose)」といった普段のスタテンでは聞けないようなレパートリー。

例によって、画質と音質は悪いですが、そのぶん、30分弱収録してます。

誰か収録曲リスト作ってください。(^^;;

viernes 5 de mayo de 2006

TDSマリタイムバンド

TDSマリタイムバンド20060503Maritime.wmv (10276.2K)

2006年5月3日の東京ディズニーシー・マリタイムバンドです。演目は、サウスランパートストリート・パレード。

トロンボーンのストライドを地面に…

メンバーが少し入れ替わってます。また、トロンボーンのが見れます。(^^;

写真だと判りづらいですが…

« abril de 2006 | Inicio | junio de 2006 »

無料ブログはココログ