« キャプテン・サンディ | Inicio | セイラートリオ »

lunes 27 de febrero de 2006

クルエラさまのグリーティングに思うこと

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロント(のニューヨーク地区)で、またまた試験的なキャラクターグリーティングが行われています。

そのキャラクターが、なんとクルエラさま。

ハロウィーンパレードやハロウィーンのアトモスショー,ロック・アラウンド・マウスなどには登場していましたが、ついにグリーティングにまで。しかも、ハロウィーン・アトモスの時のように、ダルメシアン柄イヤーマッフル(?)を付けたプルートと一緒だとか。(いっしょの所は未見)

このクルエラさま、沢口靖子に似ていると思うのは私だけ?

「101」の舞台はロンドンじゃなかったっけか? 実写映画版だけかな?

まぁ、パリが舞台の「おしゃれキャット」のキャラクターもニューヨークでグリーティングしているから良いんですけどね。

ニューヨークが舞台の「オリバー ニューヨーク子猫ものがたり」の立場は……

OLCが目指すパーク経営というのが見えてきたように思います。

『人(ゲスト)が集まらないアトモスショーよりも、ゲストが集まるキャラクターグリーティング』といった路線でしょうか。

キャラクターに絞るメリットとしては…

商品展開が容易

元々がアニメーションのキャラクターですからパッケージへの転用も楽でしょう。

商品数を増やしたり、売上機会の向上に繋がります。

交代要員の確保が容易

アトモスショーには「お休み」があります。交互に休むにしても、グループ活動としての呼吸もあるでしょうし、病気などで長期に渡る休みになってしまう事もある。

その点、キャラクターのほうが代替要員の確保は簡単な気もします。(実際はパントマイムなどの高い技能の要員が必要なんでしょうけど)

稼働率を高めることも出来ます。ずっとバンドが出ているのはツライでしょうが、シェフミッキーのように「お色直し」を挟んで、出ずっぱりという事も。

「ディズニーのアニメーション作品」なので宣伝不要

商品展開とも関連しますが、独自に宣伝せずともアニメーション作品そのものが、キャラクターを知らしめてくれます。

「あれはなに?」と聞かれても、答えやすいわけですね。

また、世の中には「ガチャピン」(ディズニーキャラちゃうわっ(爆) の例にもありますように、かなり芸達者なキャラもいます。

今現在でも、ドナルドは太鼓を叩いてますし、カウントダウンパレード2006でドラムを叩いていたグーフィー,マックス親子、ディズニーテイメントで同じくドラムを叩いたミッキーは記憶に新しいところでしょう。

「キャラクターが芸をするパーク」…というのは困難にしても、「キャラクターが常駐しているパーク」というのが、目指すあたりなのかもしれません。

« キャプテン・サンディ | Inicio | セイラートリオ »

TDR」カテゴリの記事

TDS」カテゴリの記事

Comentarios

Publicar un comentario

(Mostrado sin comentario).

TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120201/8860357

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian クルエラさまのグリーティングに思うこと:

» く・・・・クルエラさん?!(2月21日インパ日記) [Promenade at TDR ~猫の散歩事情~]
アメフロでは未だかつて見たことのない格好の方が・・・・ まずはこちらをご覧下さい。 トゥーンのハロウィンプルートですかっ!? いやはや、本当驚きです。 先週までこんなので出てなかったでしょうが・・・・恐らく今週からの試みなんでしょうね。 まさかダルメシアンのコスチューム(?)でお出ましになろうとは。 近くでツカツカ足音が聞こえたので振り向くと。。。 『HEY!Pluto!!』 は・・・はい!? な・・なんでこんなところにクルエラが!? しかも美人だし(... [Leer más]

« キャプテン・サンディ | Inicio | セイラートリオ »

無料ブログはココログ